一般建築設計・施工監理

私共は皆様の理想の建物の実現に向けてパートナーとしてご協力させて頂きます。
クライアント(建築主)のご要望を盛り込んだ設計をし、施工会社の工事費を査定して工事の監理をします。

完成後も保守管理チェックを行い、専門的なアドバイスを提言いたします。
当事務所に限らず、設計事務所に設計・監理を依託すれば、クライアントのペースで高品質の建物ができます。

ご依頼の流れ

私共にご依頼をいただいた後、どのような手順を踏むか、ごく簡単ではありますが、ご紹介いたします。

設計と監理

設計事務所の仕事には大きく分けて2つの仕事があります。
ひとつは、皆さんよくご存知の『設計』
ごくごく簡単に言うと、間取りを考え、その間取り通り大工さんに建物を建ててもらうための図面を描く。

その際には当然建築基準法といった法律との兼ね合いも検討しなければなりません。
材料はこれで、色はこれで‥・といったことも設計の仕事です。そしてもうひとつは、これがほとんど知られていませんが、とても大事な『監理』という仕事です。
広く知られていないだけに、個人的にはこちらのほうが設計事務所の仕事としては重要なのでは、とさえ思います。


さて具体的に監理(管理ではありません、あくまで監理なのです)とはどういう仕事なのかというと、 工事が適正に行われているかどうかをチェックする仕事なのですが、私たちは『現場監理者』であって『現場監督』ではないのです。


現場監督さんは工事が円滑綜行われるように予定を組んだり、材料の手配をしたり・工事に関わる様々な業者さんたちの予定を調整したりします。工事を管理してくれる人です。

私たち設計事務所の人間、つまり監理者は、その工事が適正に行われているかをチェックする立場です。

現場監督は文字通り現場の監督をする人なのですが、建設会社に属する人で、つまり、工事を担当する会社の人なのです。

建設会社ももちろん利益を追求する会社ですから、何とか利益をあげようと企業努力します。新しい工法を使ったり、既製品を安く仕入れるルートを開拓したりします。それは大変いいことです。


こちらもいろいろなところで勉強させてもらっています。しかし悲しいことに、いわゆる正しい企業努力ではなく、悪いことをして、利益をあげる会社もあったりするわけです。素人の方にはほとんどその区別がつきません。
悪代官も見た目は同じものを使い、パッと見ただけでは分からない工夫をします。さすがは悪代官です、力のいれどころが違います。その技術は天下一品です。しかし長年使っていると、俄みが激しかったり、汚れが落ちにくかったり、昨今よく話題になる環境ホルモンが使われていたりと、やはり1級品と3級品の違いは出てきます。

もちろん材料や、釘の一本一本まで同じことが言えるのです。使うべきところに釘が使われていなかったり、どうせばれないから、とジュースの空き缶をコンクリートの中に混ぜてしまったりするわけです。いわゆる欠陥住宅の誕生です。


私たち設計事務所の人間は建設会社の人間ではありませんから、材質を安く浮かしたからといって、何の利益も発生しません。一生懸命施主さんとともに考え抜いてきた建物です。安いものどころか、何とか少しでもいいもので完成させたいと思うのが私たち設計事務所の人間です。

工事を『監理』し、厳しくチェックすることが出来る立場の人間なのです。

ハウスメーカーや工務店では、設計も自社でやることが多いですから、当然『監理』者も自社の社員ということになります。


もしくは名義だけ借りているという場合もあるようです。その場合どうしてもチェックが甘くなってしまうかもしれません。

もちろんきちんと義正な監理を行っているハウスメーカーや工務店もあります。


クライアント、設計事務所、施工業者が三位一体で、ひとつの建物を造っていくわけですが、それでありながら独立しています。
お客さんが変更を希望された時に、なるべくそれに沿う様努力いたしますが、しかし設計の段階で、建築基準法上の問題であったり、役所からの指導等をされている場合がありますので、そのあたりはきちんとさせていただきます。
建築主さん、工事をする施工会社、そのどちらでもない第3者である私たち建築設計事務所の役割がこれで少しでもわかってもらえれば幸いです。
〒185-0012
東京都国分寺市本町3-6-6
キーパーク2階
有限会社松田建築設計事務所

TEL : 042-327-3363
FAX : 042-327-2181
松田建築設計事務所